老化のメカニズムとアンチエイジング

投稿者: | 2013年4月30日

肌の老化は、加齢による新陳代謝の低下からの肌機能の衰え、外的環境による廊下の症状という二つの側面を持っています。
加齢による老化は、細胞にプログラミングされた情報によるものであり、これは避けることができません。角質層では表皮のターンオーバーが加齢により遅くなり、健康な角質層が作れなくなります。すると、保湿機能も低下し、肌は年齢とともに乾燥していきます。角質層のもつ角質バリアーも弱くなっていき、雑菌の侵入も許すようになっていきます。真皮では、コラーゲン線維やエラスチンを作る能力が落ちていき、女性ホルモンの減少によってコラーゲンが正常ではなくなってしまいます。真皮の水分を保つヒアルロン酸も減少し、肌を支えハリを持たせていた構造自体が緩んできてしまいます。

外的環境からの老化は、紫外線からんダメージが主な原因です。後天的な要因として、紫外線、活性酸素の発生、乾燥などが、ターンオーバーを乱れさせ、コラーゲン線維やエラスチンがもろくなったりします。活性酸素は、生きている限り発生させ続けるのですが、これによって肌組織を酸化させたり、体全体にダメージをもたらします。
この二つの要因から、肌は次第に乾燥し、ハリはなくなり、シミ、たるみが増えてきます。女性は40代に入るとホルモンが減少するため、老化によるダメージに加速がついてきます。
まず、活性酸素の発生を防ぎ、取り除けるケアをしましょう。ビタミンCやポリフェノールが抗酸化作用を持っています。ビタミンCはそのままでは肌から吸収されにくいので、ビタミンC誘導体というもので、肌から取り入れましょう。ポリフェノールは、お茶、赤ワイン、カカオ製品、玉ねぎ、生姜などに入っていますので、日常的に摂りましょう。
真皮のに働きかけるケアとして、コラーゲン線維やエラスチンの生成を促す成分や、これらの成分がもろくなるのを防ぐ成分の配合されたものも、出ています。
光老化は、後天的なものであり、ある程度、防げるものです。まず、紫外線から肌を守ることです。活性酸素の原因となる、ストレス、喫煙、睡眠不足、偏った食事などを避けて、肌へのダメージを防ぐことができます。